2015年05月06日

アロマでボケ防止。認知症に対抗する精油のパワー。昼用夜用のブレンド済みオイルも入手可能です




2014年にテレビ番組「たけしのみんなの家庭の医学」で紹介されたアロマオイルが認知症を予防するってお話。香りのチカラを使うことで、うっかり予防も可能だと評判です。

あの番組が紹介されて以来、ローズマリーとレモン、ラベンダーとオレンジの精油(エッセンシャルオイル)がずっと売れ続けているそうです。

この番組で、「アロマが認知症を予防する」という説を発表したのが、鳥取大学医学部の浦上克哉先生。

ある種の香りを嗅ぐことによって、脳の若返りが期待できるというお話でした。

この論文はここで読めます。⇒『認知症予防に対するアロマセラピーの可能性』

認知症を発症すると、脳の一部である海馬に直接つながっている「嗅神経」が最初にダメージを受けることがわかり、「嗅神経」に認知症予防のカギが隠されていると考え、いろんな香りの中からどんな香りが嗅神経に良いのかを研究したんだそうです。

地道な研究を10年続けて、突き止めたのがこの香り。

認知症予防に効果がある香りの組み合わせには、昼用、夜用があります。


昼用:ローズマリー・レモン(活性化系のアロマオイル)

学名:Rosmarinus officinalis
科名:シソ科
抽出部:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
原産国:スペイン他

学名:Citrus limonum
科名:ミカン科
抽出部:果皮
抽出方法:圧搾法
原産国:イタリア


夜用:ラベンダー・オレンジ(鎮静化系のアロマオイル)

学名:Lavandula angustifolia
科名:シソ科
抽出部:花・茎
抽出方法:水蒸気蒸留法
原産国:フランス他

学名:Citrus sinensis
科名:ミカン科
抽出部:果皮
抽出方法:圧搾法
原産国:コスタリカ


昼のあいだは、集中力を高めるローズマリーとレモンを組み合わせる。

夜は、安眠効果やリラックス効果があるとされるラベンダーとオレンジを組み合わせる。

この2種類のブレンドされたアロマオイルを昼と夜にそれぞれ2時間程度かぐことによって、認知症が予防できるというお話でした。

んで、それぞれのブレンドアロマには配合比率があります。

自分でブレンドするのは面倒って方にはブレンドされたアロマオイルがいろいろ販売されています。


昼用/夜用ブレンドアロマ



番組の実験では1週間で効果があったと報告されています。

昼のアロマは、香りのペンダントに入れておくと便利です。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット+ペンダント付


最近、物忘れが多いなんて方は一度、お試ししてはいかが?





ネットを使えば、このうっかり予防のアロマセットを簡単に注文することができます。

こんな形で箱に入って届きます。

P1040502.jpg

開けてみると。

P1040505.jpg

取り出してみます。

P1040509.jpg

これが、うっかり予防、ボケ防止のためのエッセンシャルオイルのブレンドです。

昼用と夜用が1つの箱に入っています。

P1040520.jpg

そしてこれが昼用のアロマのためのペンダントと、アロマを瓶に注入するためのスポイト。

昼用アロマは、シャープですっきり、さわやかな香りです。

P1040535.jpg

そしてこっちが夜用アロマを拡散させるための「ひつじのテラコッタ」です。

この丸いテラコッタの上に夜用アロマを直接垂らして使います。

P1040533.jpg

夜用アロマは、少し甘い感じのやさしい香りです。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット+ペンダント付



ボケ防止用のブレンドアロマは、このほかにも販売されています。

たとえば、これ。



株式会社ハイパーブレインのリ・ブレインです。
エッセンシャルオイルの香りが認知症予防に効果があることをつきとめた鳥取大学発のベンチャー企画によって生まれた製品です。

有機栽培の植物だけを使ったオーガニックアロマ精油です。

このブレンドオイルをシールパッチにしみこませた「アロマシール」もあります。



襟元などに貼って使います。

昼用アロマは、このようなペンダントに入れて使う方法が一般的ですが、シールならとても簡単です。





posted by 放送協会 at 06:00| たけしのみんなの家庭の医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。