2016年10月27日

切って貼れる老眼鏡レンズ。NHKまちかど情報室で紹介。サングラスにも水だけで貼れます。


老眼になると困るのはサングラス。

サングラス必須の状況のなかで、お手元にもピントを合わせなければならないとなると、これは大変です。

サングラスと老眼鏡をいっしょに用意しなけければならないですからね。

そんなとき便利な製品がNHKのまちかど情報室で紹介されていました。

釣りに興じるサングラスの男性が登場するのですが、実はこのひと、老眼なんです。

でも、サングラスをかけたまま、手元のシカケをいじっています。

普通であれば、老眼鏡をかけないかぎり、こんな細かい作業はできません。

んで、サングラスの内側を見てみると、そこに貼り付いていたは、老眼鏡のレンズです。

しかもこのレンズ、自分の好きな大きさに切って、水だけでサングラスなどに貼ることができるんです。

この製品、NHKのまちかど情報室では製品名は出ませんでしたが、「ハイドロタック」という製品です。



まさに、水で貼る老眼レンズです。このHydrotacは、 今使っているあらゆるメガネに水をつけて貼れば、老眼鏡機能を付加することができます。

1.5から3.0までの4種類の度数が用意されています。






ラベル:老眼鏡
posted by 放送協会 at 20:04| お助け道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。