2015年08月19日

バターを回転させて削って糸状に加工する道具バターミルとバター関連グッズいろいろ


バターとマーガリン、どっちが好きですか?

私は断然バター派です。

旨みが違います。香りが違います。

だからバターを塗るのです。

でも。

冷蔵庫から出したばかりのバターは固い。

トーストに塗るのが面倒です。急いでいる朝なんか、イラつきます。

そこでこれ。手に入れました。

バターを削る道具、バターミルです。



パッケージもおしゃれです。

P1060788.jpg

P1060790.jpg

説明書きはこんな感じです。

P1060791.jpg

箱をあけてみます。

P1060792.jpg

取り出します。

P1060794.jpg

説明書もしっかりしています。

P1060795.jpg

P1060796.jpg

構造はシンプルで、円筒形のケースの中にバターをセットします。

P1060801.jpg

それを回転させることで、底部に付いている歯で糸状に削っていくって仕組みです。

ケースの大きさは、高さ10cmx直径12.8cmでコンパクトです。

P1060800.jpg

これがバターを削る金属製の刃です。

P1060797.jpg

ただ、その分、ケースに入れるために、大きなバターはあらかじめカットする必要があります。

似たような構造の製品はほかにもあって、たとえばこんなの。



最初に紹介したものとほぼ同じ機能ですが、こちらのほうがサイズが大きくて(高さ17cm×直径9.5cm)、冷蔵に入れたとき、けっこう場所をとります。

最初に紹介したバターミルは、高さ10cmx直径12.8cmです。



固いバターをなんとか上手にパンに塗りたいって考える人が多いせいか、バターを削る道具はいろいろあります。

これなんかはシンプルです。

バターが削れる便利なナイフです。

こちらはシンプルにバター表面を削ることができるナイフです。




こちらは、人間の体温をナイフに伝えることによってバターを切りやすくしたってゆーアイデアのナイフです。



そしてこっちは、固いバターを大根おろしのようにおろしちゃう道具です。





いろいろありますなあ。

あなたの好きなバター削りを探してみてくださいね。







posted by 放送協会 at 01:00| キッチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。